これからキャンプデビューする人に知っておいて欲しいこと

誰もが初心者になりますが、キャンプをこれから始めるのであれば知っておくべきことがあります。自然を相手にするからこそ失敗は許されません。これからデビューをするのであれば知っておいて欲しいことがあります。キャンプを趣味とする男性がモテることからアウトドアが注目を集めるようになりました。だからこそ身につけてほしい知識です。

道具がなければ始めることができない

どんなデビューでもそうですが、道具がないと始めることができません。キャンプになると数多くの道具が必要になると感じるでしょう。しかしあまり揃えることに力を入れる必要がありません。その理由を知っておきましょう。

いきなり揃えるのはやめておこう

ざっと装備品を上げてみましょう。

  • テントは宿泊しますので必要になる道具です。
  • 日よけや雨を避けるタープがあるとキャンプらしくなります。
  • クッカーやテーブルが無いと料理や食事をすることができません。
  • 暗闇のなかで過ごすわけにはいきませんのでランタンが必要です。

あくまでも最小限の装備品になります。しかしすべて揃える必要がありません。いきなりすべて揃えるようなことになると、いろんな問題が生じることになるでしょう。

そのひとつになるのが費用の問題です。けっして安い値段にはならないのがキャンプ用品です。仮に経験してから無理と感じるようになれば、大きな損失になります。中古品を買取するお店に売り払うことも選択肢になるでしょうが、それでも全額返ってくるわけではありません。

いきなりすべて揃えるのではなく、まずは体験から始めてみましょう。

頼れる存在になるのがオートキャンプ場

「体験から始めるにしても道具がないじゃん」そう感じるでしょう。しかし道具がなくてもキャンプデビューをすることができます。その場所こそオートキャンプ場です。

必要な道具をレンタルで借りることができますので、キャンプに触れるには良い場所になるでしょう。いきなりテントで宿泊ではなくバンガローで泊まり、キャンプの醍醐味である大自然のなかでの料理を体験することができます。

最低限の道具が必要になることもありますが、オートキャンプ場であれば用品を揃えることなくキャンプデビューができます。つまりデビュー戦の場所として最適です。

キャンプデビューは失敗の連続で構わない

これからキャンプデビューをする人にひとつだけ認識してほしいことがあります。それは失敗の連続で構わないことです。たとえばモテる男を演出するためにキャンプに目をつけたのであれば、その失敗は大きなマイナスになるでしょう。

そのような場合は別の機会でデビュー戦を行っておくべきです。完璧に成功させたいのであれば失敗することが必要です。自然がいろんな教訓を人間に教えるよに、キャンプの失敗がアウトドアの人間を育て上げます。

失敗することで学ぶことができる

どんなこともそうですが、失敗することで学ぶことができます。キャンプも同じで失敗すればそうならないためにすることを考えることになります。昔は本を購入したり図書館で借りて学ぶことが多かったです。しかし今ではインターネットがあります。

いろんな記事があり動画までありますので、キャンプについて学ぶことができる環境が整っています。テントの設営は初心者には難しいですが、動画であれば簡単に学ぶことができます。学べる環境がありますので、たくさん失敗をしましょう。

不可欠と不要の違いを認識することが大切

いきなり道具を購入してはいけないことに繋がる話になります。キャンプには不可欠と不要の違いを認識することがとても大切です。指南する記事には必要とあるけれど、自分にとっては必要ではないと感じることにも直面するはずです。

その経験こそ実際キャンプを行ってから得ることになります。これは失敗することから学ぶことに通じる概念です。まずはキャンプに触れてみて、不可欠と不要を体感してください。そうすれば自分に必要な道具を絞ることができ、費用の軽減にも繋がるはずです。

絶対にキャンプを趣味にするのであれば

確かな決意を持っている男性もいるでしょう。絶対にキャンプをする意志が強いのであれば揃えておいて損をしない道具があります。けっして安くはない商品になるからこそ、失敗したくないはずです。だからこそ購入して後悔しない道具について把握しておきましょう。

揃えてほしい装備品を把握しておこう

テントはバンガローを使わないのであれば必要になりますが、ピンからキリまでありますので、専門店で相談しながら購入することをおすすめします。

調理器具はオートキャンプ場でもレンタルができますが、使い方を知っておかないければ意味がありません。特に火起こしは初心者の難関になります。着火剤や火おこし器があれば比較的簡単ですが、備長炭ではなく値段が安い炭を使うと失敗も少なくなるでしょう。

ランタンは持っておいて損はありません。キャンプになれば闇を体感することになりますので、必ず必要になります。趣味にするのであれば揃えておくと良いです。日常でも災害時に活躍することになるでしょう。ラジオ付きなどもありますので、必要に応じて揃えてください。

オートキャンプ場であればレンタルから触れることが可能

どんなに必要だと言われている用品でも、オートキャンプであれば触れることができます。たとえばテントになれば設営が面倒だと感じることも。そんなときはあえてバンガローを使うのもひとつの案。女子であればシャワー・トイレ付きのバンガローもありますので、逆にこちらの方が良いこともあります。

必要と感じる用品を体感するには、レンタルから始めるのも良いでしょう。キャンプ用品専門のレンタル店もありますので利用してください。

自然を相手にすることを忘れないように

多くが大自然のなかにキャンプ場があります。日常にはない感動を味わうことができるでしょう。しかし感動だけではありません。大きなリスクに直面することを忘れないようにしましょう。

虫や動物は大きな問題になることがある

キャンプデビューする人の多くが虫で嫌な思いをすることが多いです。虫除けスプレーや治療薬やポイズンムーバーは用意しておいたほうが無難です。

仮にオートキャンプ場になればもしものことがあれば適切なアドバイスを貰うことができます。だからこそオートキャンプ場に価値があることがわかるでしょう。自分の身は自分で守るのが基本ですので、必ず用意しておきましょう。

動物に関しては熊の問題もあります。また食べ物を外に放置したままになると、野生動物に荒らされてしまうこともありますので、匂いを放たないような工夫が必要になります。

忘れ物があるとそれだけで身の危険に及ぶ問題

キャンプ場に行く前に必ずしてほしいのが忘れ物のチェックです。もしランタンを忘れるようなことになれば、闇のなかのキャンプになります。語り合いたいようなシチュエーションを想像していても、闇の中では落ち着きません。

忘れ物はそのままリスクに直面しますので、必ず準備しておきましょう。

楽しくデビューするためには心構えが必要

たくさんの失敗をして経験を糧にすることがキャンプを楽しむことに大切な考え方です。まず触れることから始めてください。そんなときに活躍するのがオートキャンプ場でもあります。無理がない方法でキャンプデビューをしましょう。