ズワイガニいっぱい

タラバガニとズワイガニ、国産と外国産ではどっちが美味しい?

カニが旬の季節には様々なカニが販売されていますが、日本で特に人気が高いのがタラバガニとズワイガニです。
どっちの方が美味しいのか気になるという人も多いのではないでしょうか。
同じカニでも味は意外と異なるものです。
勿論人により好みの触感と味があるので一概に片方のみをお勧めすることは出来ませんがカニの味や特徴を簡単に説明していきます。

タラバガニとズワイガニはどっちが美味しい?

カニを購入する時にやはり気になるのが大きさでボリューム感を重視したい人にはタラバガニがお勧めです。タラバガニの足は太くて身が大きいのが特徴で、少々大味とも言えますが焼きガニにすると美味しく食べることが出来ます。
カニ通販で購入する場合は冷凍物ではなく生のタラバガニを購入するといいでしょう。

カニ味噌は好き嫌いが分かれますがカニ味噌が好きならズワイガニがお勧めです。ズワイガニは足が松の葉みたいに偏平で、タラバガニと比較すると小ぶりになるのでボリューム感は感じられません。
ですがその分飽きずに沢山食べることが出来ます。

カニは国産と外国産のどっちが美味しい?

近年インターネットを活用し気軽にカニを購入することが可能です。
そしてネットでは国産のカニと外国産のカニを販売していますが、どっちの方が美味しいのでしょうか?
調べてみた所、カニの種類により国産と外国産の違いがあると言えます。

タラバガニに関しては国産と外国産はあまり違いがないのであまり意識せずに選ぶといいでしょう。
タラバガニはロシアで獲れたモノも日本国内で水揚げしているので国産と表記されているモノも厳密には違う場合があります。
それにこの表記は違法ではないのでさほど気にする必要はありません。

ですがズワイガニはタラバガニの場合は国産と外国産はかなり違いがあります。
実はズワイガニは産地により名前が違っていて、松葉ガニ、越前ガニも産地の名前がついているだけでズワイガニのことです。
つまり産地によりブランド化されていて値段は断然国産の方が高いのですが、その分味も圧倒的に国産のズワイガニの方が美味しいと言えます。

タラバガニの鮮度と美味しいものの見分け方

日本においての蟹の年間漁獲量は約5.6万トンとも言われており、日本では漁獲時期の冬のシーズン以外にも食卓で食されている海産物になりました。
その栄養はタンパク質で魚肉と同様と言われています。
ところが蟹には特有のベタイン、カクテルという旨味成分があり、首都圏の寿司のネタから沿岸部の蟹料理に至るまで漁獲時期の冬季の風物詩にもなっています。
蟹の解禁日に向けて城崎温泉や京都方面の観光地も賑わいを見せます。
料理旅館ではランチ目的の日帰り客が増加してきます。蟹漁が盛んな沿岸部の温泉地では一年分を冬の期間に稼いでしまうそうです。

とは言っても年末年始は家族でお鍋を囲んだり、来客をおもてなししたりする期間です。
そこで、シーズン的にも蟹の出番ということになります。お鍋の食材になる蟹の種類はどんなものがいいのでしょうか。

蟹の王様、お鍋に使うタラバガニ。
市場に出回るタラバガニは冷凍品が多い、品質のよい冷凍タラバガニの見分け方

そもそもタラバガニは日本では北海道東岸、日本海側に産しており千島、ベーリング海、アラスカ沿岸で漁獲されています。
タラバガニの漁獲できる地は同じく魚のタラの漁場でもあることからこの蟹のことを「タラバガニ」と呼称されているのです。
タラバガニは生きたままのナマのままで市場に出荷される機会は少なく、ハサミから脚の部分を甲羅からきり離したものが多く出荷されているのです。

冷凍品として出荷されることの多いタラバガニの鮮度の見分け方には、ハサミの殻の部分に注目しましょう。ハサミの部分が「バサバサ」して乾燥した様子であれば鮮度は劣化しているという目安になります。殻の乾燥してバサバサして見えるタラバガニはなるべく選ばないようにします。例えばスーパーに陳列された解答のタラバガニは解凍時の敵、不適が現れやすく、ドリップが流出して味の劣化が起こっているからです。
まとめると、タラバガニを購入するときは解凍がつきものなので、殻の鮮度をよく見て見分ける必要があります。
タラバガニを通販で買うときはお店に漁獲時期のいつの冷凍便であるのかということを確認して買いましょう。